高齢者向宅配弁当 老人ホームの食事・弁当にも最適|宅配クック123 豊川店

TEL0533-56-3005
受付:9:00~18:00 土日も配達します

旬のチカラ 蓮根 

蓮根「栄養価の高い健康野菜」
 蓮根の主成分はデンプンで、体内でエネルギーとなり体を温めます。また、ビタミンC、カリウム、食物繊維を中心にバランスよく栄養素を含み、疲労回復や風邪の予防などに良いと言われています。油との相性が良いため、天ぷら、きんぴら、油炒めなどにすると、蓮根のもつ特徴を活かすことができ、美味しく食べられます。

旬のチカラ さんま

さんま「栄養に優れた秋の代表味覚」
 さんまは脂の乗った濃厚な味が楽しめ、わた(内蔵)のほろ苦い味も好んで食べられます。タンパク質の含有量は牛肉に匹敵するほど高く、筋肉疲労の予防や体力回復が期待されます。
 また、ビタミンやミネラル類も幅広く含み、骨粗鬆症予防や認知症予防にも役立つと言われています。

旬のチカラ かぼちゃ

かぼちゃ「美容と健康に嬉しい緑黄色野菜」
 かぼちゃはウリ科の一種で、ビタミンやミネラルが豊富な栄養満点の野菜です。水に溶けない性質をもっている不溶性の食物繊維やエネルギー源にもなる糖質・マグネシウムも含まれており、夏から秋に旬を迎える夏野菜の中でも身体を温める食材とも言われています。

旬のチカラ 枝豆

枝豆「さまざまな栄養素を併せ持った健康食材」
 枝豆は大豆と同じ植物であり、大豆が成熟する前に収穫したものです。枝豆には、タンパク質やビタミン・ミネラルなどさまざまな栄養素が含まれているため、夏バテ防止にも役立つと言われています。あらゆる食材と合わせて、バランスの良い食事に枝豆を取り入れましょう。

旬のチカラ 冬瓜

冬瓜「約9割が水分の低カロリー食材」
 冬瓜の名前は、皮のきめが細かいため水分を失いにくく、貯蔵性が高いことから「冬までもつ瓜」という意味で名付けられたと言われています。
 水分やカリウムを多く含んでいることから、むくみの解消や高血圧の改善、夏バテ予防の効果が期待されています。

旬のチカラ ピーマン

ピーマン「栄養価が高い、夏の緑黄色野菜」
 ピーマンは苦みと独特の香りのある、夏が旬の野菜です。加熱調理をしても栄養価が消失しにくいことが特徴です。加熱することにより苦みがやわらぎ、β-カロテンの吸収が促進されます。
 また、ビタミンAとCが豊富なことから細胞の働きを活性化させ、夏バテ防止や疲労回復も期待されます。

旬のチカラ にら

にら「独特の味と香りのあるスタミナ食材」
 独特な香りは、ニンニクにも含まれるアリシンという成分によるものです。アリシンは疲労回復を助け、身体の代謝を高める働きがあると言われています。
 他にも、ビタミンB1・B2・鉄分といった栄養素も豊富で、スタミナアップ食材として人気があります。

旬のチカラ たけのこ

たけのこ「風味豊かな春の旬食材」
 たけのこにはさわやかな香りと甘みがあり、コリコリとした食感を楽しむことができます。カリウムが多く含まれるので、身体の水分バランスを整え、高血圧の予防や生活習慣病の予防に効果が期待できます。
 また、食物繊維も豊富で、便秘解消や大腸がんの予防、血糖値上昇の抑制などにも効果的です。

旬のチカラ ふき

ふき「春の訪れを知らせる伝統野菜」
 ふきは平安時代から野菜として栽培されていると言われ、春から夏にかけて旬となる、日本原産の春野菜です。
 独特な苦みがありますが、低カロリーで食物繊維やミネラルがたっぷり含まれています。また、免疫力を高める効果があるので、風邪などの病気の予防や、動脈硬化の予防効果もあります。

旬のチカラ カリフラワー

カリフラワー「ブロッコリーの兄弟分の「花野菜」」
 別名花キャベツとも呼ばれる淡色野菜です。ビタミンCを豊富に含んでいるのですが、組織がしっかりしているので熱に強いという特徴があります。 その他、血圧の上昇を抑制し、脳梗塞や動脈硬化の予防にも効果があるカリウムを多く含んでいます。さらに食物繊維が豊富なことも魅力のひとつとなっています。

旬のチカラ さば

さば「栄養価がとても高い青魚の王様」
 さばの脂質には多価不飽和脂肪酸であるDHAやEPAが豊富に含まれています。悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やす働きがあるため、動脈硬化や脳卒中、高血圧などの生活習慣病予防に役立つとされています。

旬のチカラ チンゲン菜

チンゲン菜「健康と美容に効果的!栄養豊富な中国野菜」
 日本でもお馴染みの野菜で、βカロテン、ビタミンK、カリウム、カルシウムなどの健康や美容に必要な栄養を豊富に含みます。
中でもβカロテンは体内でビタミンAに変換され、目の健康維持の他、
毛髪や皮膚、粘膜の免疫力の向上・抗酸化作用などの働きがあるといわれています。

旬のチカラ ごぼう

ごぼう「圧倒的な食物繊維の量に注目」
 100グラム中5.7グラムも食物繊維を含むごぼうは、身体にうれしい野菜。食物繊維は切り口が大きい程たくさん摂れるので、さきがきがおすすめです。
 泥付きの場合は新聞紙に包んで風通しの良い所で、洗ってあるごぼうはポリ袋などに入れて冷蔵庫の野菜室で保存してください。

旬のチカラ 椎茸

椎茸「具材と出汁に使える万能な秋野菜」
 秋野菜の代表格である椎茸は、具材としてだけでなく出汁としても重宝される万能野菜。低カロリーで食物繊維が多く、カサの裏側を上にして一時間ほど天日干しするだけで、成分がビタミンDに変化して旨味が増します。
 肉厚でカサがあまり開いておらず、軸が太くて短いものがおすすめです。

旬のチカラ さつまいも

さつまいも「豊富な食物繊維で腸内環境を整える」
 さつまいもは食物繊維が多く、ヤラピンという緩下成分との相乗効果で便秘に効くことは有名です。
 また、ビタミンCの含有量はイモ類トップで、加熱しても壊れにくいという特長があり、さらに抗酸化作用や皮膚・血管の老化を防ぐ効果があると言われています。

旬のチカラ 茄子

茄子「夏野菜!体を冷やす効果あり」
 茄子は水分が多く、身体を冷やす効果があるため、夏にはうってつけの食材です。茄子の皮には、天然色素のポリフェノールの一種であるアントシアニンを豊富に含み、抗酸化作用とともに血栓ができるのを防いだり、目の疲労を改善したりする効果があると言われています。

旬のチカラ とうもろこし

とうもろこし「栄養価が高く、主食がわりにもなる野菜」
 とうもろこしは野菜の中ではカロリーが高めです。主な成分は糖質で、エネルギーの補給源となります。もともとメキシコやアメリカを中心に栽培されている野菜で、食物繊維の量はほかの野菜や穀物と比べても、多く含まれています。

旬のチカラ さやいんげん 

さやいんげん「疲労回復にも効果的 夏の彩り野菜」
 さやいんげんは、いんげん豆を若採りしてさやごと食べる野菜です。
豆の部分に含まれているたんぱく質には、必須アミノ酸であるリジンや
アスパラギン酸が多く含まれ、疲労回復効果や、体の組織の修復を促し、
肌や皮膚を整える働きがあると言われています。

旬のチカラ グリンピース

グリンピース「春の甘みを味わう」
 独特の青臭さから苦手という方も多いですが、グリンピースはえんどう豆の未成熟な実部分で、たんぱく質や糖質を主成分としています。
カリウムや食物繊維なども多く含有しており、体内の余分なナトリウムの排出や便秘解消効果などが期待できると言われています。

旬のチカラ 菜の花 

菜の花「春の訪れを知らせてくれる菜の花」
 蕾のときだけを食べる独特のほろ苦さが魅力の菜の花は、花を咲かせるための養分がぎゅっと詰まっているため栄養満点。
 カリウムや鉄分などのミネラルも他の野菜より多く含み、また、ビタミンCはほうれん草の3倍以上、β‐カロテンはピーマンの5倍あるという、栄養価の優れた花野菜です。

旬のチカラ 筍 

「旨みと香り豊かな春の味覚」
 筍には、チロシン(切り口に付着する白い粉)やグルタミン酸、アスパラギン酸などのアミノ酸が含まれており、旨みの素となっています。また、水に溶けない性質の不溶性食物繊維も豊富です。不溶性食物繊維は水分を吸収して膨らみ、腸壁を刺激することで、腸の動きを活発にする働きがあります。

旬のチカラ ぶり 

ぶり「この時期最も脂のノリが良い冬の幸」
 人の体内で作ることができないDHAとEPAを多く含み、その量は青魚の中でもトップクラスです。DHAとEPAは、コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあると言われています。また、肝臓の働きを助けるとされるタウリンと、貧血予防に良いとされる鉄分も豊富で、特に血合い部分に多いので積極的に食べるようにしましょう。

旬のチカラ ゆず 

ゆず「爽やかな香りが印象的な料理の名脇役」
 ゆずの皮や果肉に含まれるビタミンCの含有量は、柑橘類のなかでもトップクラスで、含有量はミカンの2~3倍、レモンの3~4倍だと言われています。
ビタミンCは風邪予防に良いと考えられており、果肉より果皮の方がより多くビタミンCが含まれているため、皮ごとお召し上がりいただくのがおすすめです。


旬のチカラ 小松菜 

小松菜「下茹でなしで食べられる緑黄色野菜」
 ビタミン、カルシウム、鉄、リンなどを含む栄養満点の野菜です。中でもカルシウムの含有量は牛乳以上だと言われています。お魚と一緒に食べる事でカルシウムを効率よく吸収できます。今の時期は寒さによって甘みが増し、一層おいしくなります。

旬のチカラ 里芋 

里芋「ヘルシーながらも栄養たっぷり」
 水分が多くイモ類の中ではカロリーが低いですが、カリウム、食物繊維、ビタミンB群、ビタミンCなどの栄養素を豊富に含んでいます。
その中でも特に多く含まれているのがカリウムです。
カリウムには体内の余分な塩分を排出し、むくみの解消や血圧を下げる働きがあると言われています。

旬のチカラ 鮭 

「たんぱく質やビタミン豊富な白身魚」
 日本で「鮭」と呼ぶのは大抵「白鮭」を指します。
その中でも秋に獲れるものを「秋鮭」「秋味」、春~初夏に獲れるものは季節外れということで「時知らず」と呼びます。カルシウムの吸収を助けるビタミンDが豊富で、骨の健康が気になる方にもおすすめの食材です。
また、DHAとEPAも多く含まれています


旬のチカラ ピーマン

ピーマン「加熱しても栄養が壊れにくい夏野菜」
 ピーマンはナス科のトウガラシ属に分類されます。名前も、フランス語でトウガラシを意味する"Piment(ピマン)"が由来となっています。
 カロテンが多く含まれており、油で炒めることで吸収が促進されます。
また、ビタミンCも豊富で、トマトの約4倍含まれていると言われています。

旬のチカラ ナス

茄子(ナス)「紫色の皮に栄養が詰まった夏野菜」
 茄子の皮には、アントシアニンの一種であるナスニンという栄養素が含まれており、抗酸化作用があると言われています。
油との相性が良いので、揚げ茄子や麻婆茄子などスタミナ料理によく合います。名前の由来には諸説ありますが、この時期に収穫される野菜ということで「夏の実」と呼ばれていたことから、転じて「奈須比」になったとする説が有力です。

旬のチカラ アスパラ 

アスパラは、疲労を回復するアスパラギン酸が豊富。
 色や香り、食感が良いことから人気のアスパラガス。現在では一年中出回っていますが、もともとは初夏の味覚になります。
 この時期は緑が濃く、ミネラルやビタミンなどの栄養価も豊富に含まれてます。栄養成分が湯に溶けだすのを防ぐため、切らずにゆでる事がポイントです。アスパラガスに含まれるアスパラギン酸はアミノ酸の一種で、新陳代謝を促進して体の疲労を取ると言われています。


旬のチカラ ふき

ふきは、春を告げる日本原産の伝統野菜です。食物繊維やカルシウム、カリウムといったミネラルを多く含む食材です。煮物、炒め物、お浸しに美味しい食材として、昔から春の食卓にはよく登場する食材です。
ふき独特の苦みや香りは、ポリフェノールの一種だと考えられ、冬の間に体にたまった老廃物を排出する働きがあると言われています。



旬のチカラ ブロッコリー

ブロッコリーは、カリフラワーと共に「花野菜」と称され、野生のキャベツを品種改良して生まれた野菜です。スーパーなどでは、一年中出回っていますが、旬の時期は11月~3月です。ビタミンやミネラルを豊富に含んだ食材で、特にビタミンCが多く、生の状態でレモンの2倍、茹でた後でも多くのビタミンCが残っています。普段食べられている部分は花蕾と呼ばれる蕾ですが、軸や葉にも栄養がたくさん含まれているので、丸ごと食べれる優秀な食材です。

旬のチカラ チンゲン菜

チンゲン菜は、ハウス栽培が盛んで、通年で回っている野菜ですが、本来の旬は春と秋の2回です。
しかし白菜の仲間であることから、甘みを出すためあえて霜が降りる冬に旬を合わせて栽培されているものもありあす。
ビタミン群やミネラル成分、食物繊維を多く含んでおり、特にβカロチンは、ピーマンの約6倍の量が含まれています。
チンゲン菜は油との相性が良く、炒めたり茹でたりすることにより美しく発色し、ビタミンの吸収が良くなるといわれています。

旬のチカラ 白菜

白菜は、精進料理では大根・豆腐とともに「養生三宝」と呼ばれ貴重な食材とされています。
白菜の約95%は水分ですが、栄養をバランスよく含んでいる野菜です。特にビタミンCやカリウムが豊富に含有されており、風邪の予防や美肌効果などがあるとされています。
低たんぱく・低カロリーで熱に強くやわらかい繊維質のため、胃腸の弱い方でもお腹を壊すことなく召し上がって頂けます。
白菜は水溶性と脂溶性の栄養分があるので、様々な料理法で効率よく栄養を取ることができます。

※宅配クック123豊川店では、四季折々の旬の食材が持つ“風味”や“栄養素”を損なわないよう、調味料や添加物を極力使わないメニューづくりに取り組んでいます。
食材のもつ「本来のおいしさ」をお楽しみ下さい。


お弁当のご注文方法

お電話にてご注文、インターネットからもご注文可能です。ご注文・お問合せ


お客様の声

↑ PAGE TOP