高齢者向宅配弁当 老人ホームの食事・弁当にも最適|宅配クック123 豊川店

TEL0533-56-3005
受付:9:00~17:00 土日も配達します

旬のチカラ 小松菜 

小松菜「下茹でなしで食べられる緑黄色野菜」
 ビタミン、カルシウム、鉄、リンなどを含む栄養満点の野菜です。中でもカルシウムの含有量は牛乳以上だと言われています。 お魚と一緒に食べる事でカルシウムを効率よく吸収できます。今の時期は寒さによって甘みが増し、一層おいしくなります。

旬のチカラ 里芋 

里芋「ヘルシーながらも栄養たっぷり」
 水分が多くイモ類の中ではカロリーが低いですが、カリウム、食物繊維、ビタミンB群、ビタミンCなどの栄養素を豊富に含んでいます。
その中でも特に多く含まれているのがカリウムです。
カリウムには体内の余分な塩分を排出し、むくみの解消や血圧を下げる働きがあると言われています。

旬のチカラ 鮭 

「たんぱく質やビタミン豊富な白身魚」
 日本で「鮭」と呼ぶのは大抵「白鮭」を指します。
その中でも秋に獲れるものを「秋鮭」「秋味」、春~初夏に獲れるものは季節外れということで「時知らず」と呼びます。 カルシウムの吸収を助けるビタミンDが豊富で、骨の健康が気になる方にもおすすめの食材です。
また、DHAとEPAも多く含まれています。


旬のチカラ ピーマン

ピーマン「加熱しても栄養が壊れにくい夏野菜」
 ピーマンはナス科のトウガラシ属に分類されます。名前も、フランス語でトウガラシを意味する"Piment(ピマン)"が由来となっています。
 カロテンが多く含まれており、油で炒めることで吸収が促進されます。
また、ビタミンCも豊富で、トマトの約4倍含まれていると言われています。

旬のチカラ ナス

茄子(ナス)「紫色の皮に栄養が詰まった夏野菜」
 茄子の皮には、アントシアニンの一種であるナスニンという栄養素が含まれており、抗酸化作用があると言われています。
油との相性が良いので、揚げ茄子や麻婆茄子などスタミナ料理によく合います。 名前の由来には諸説ありますが、この時期に収穫される野菜ということで「夏の実」と呼ばれていたことから、転じて「奈須比」になったとする説が有力です。

旬のチカラ アスパラ 

アスパラは、疲労を回復するアスパラギン酸が豊富。
 色や香り、食感が良いことから人気のアスパラガス。
現在では一年中出回っていますが、もともとは初夏の味覚になります。
この時期は緑が濃く、ミネラルやビタミンなどの栄養価も豊富に含まれてます。栄養成分が湯に溶けだすのを防ぐため、切らずにゆでる事がポイントです。 アスパラガスに含まれるアスパラギン酸はアミノ酸の一種で、新陳代謝を促進して体の疲労を取ると言われています。

旬のチカラ ふき

ふきは、春を告げる日本原産の伝統野菜です。
 食物繊維やカルシウム、カリウムといったミネラルを多く含む食材です。煮物、炒め物、お浸しに美味しい食材として、昔から春の食卓にはよく登場する食材です。
ふき独特の苦みや香りは、ポリフェノールの一種だと考えられ、冬の間に体にたまった老廃物を排出する働きがあると言われています。

旬のチカラ ブロッコリー

ブロッコリーは、カリフラワーと共に「花野菜」と称され、野生のキャベツを品種改良して生まれた野菜です。
スーパーなどでは、一年中出回っていますが、旬の時期は11月~3月です。 ビタミンやミネラルを豊富に含んだ食材で、特にビタミンCが多く、生の状態でレモンの2倍、茹でた後でも多くのビタミンCが残っています。 普段食べられている部分は花蕾と呼ばれる蕾ですが、軸や葉にも栄養がたくさん含まれているので、丸ごと食べれる優秀な食材です。

旬のチカラ チンゲン菜

チンゲン菜は、ハウス栽培が盛んで、通年で回っている野菜ですが、本来の旬は春と秋の2回です。 しかし白菜の仲間であることから、甘みを出すためあえて霜が降りる冬に旬を合わせて栽培されているものもあります。 ビタミン群やミネラル成分、食物繊維を多く含んでおり、特にβカロチンは、ピーマンの約6倍の量が含まれています。
チンゲン菜は油との相性が良く、炒めたり茹でたりすることにより美しく発色し、ビタミンの吸収が良くなるといわれています。

旬のチカラ 白菜

白菜は、精進料理では大根・豆腐とともに「養生三宝」と呼ばれ貴重な食材とされています。
 白菜の約95%は水分ですが、栄養をバランスよく含んでいる野菜です。特にビタミンCやカリウムが豊富に含有されており、風邪の予防や美肌効果などがあるとされています。 低たんぱく・低カロリーで熱に強くやわらかい繊維質のため、胃腸の弱い方でもお腹を壊すことなく召し上がって頂けます。
白菜は水溶性と脂溶性の栄養分があるので、様々な料理法で効率よく栄養を取ることができます。

※宅配クック123豊川店では、四季折々の旬の食材が持つ“風味”や“栄養素”を損なわないよう、調味料や添加物を極力使わないメニューづくりに取り組んでいます。
食材のもつ「本来のおいしさ」をお楽しみ下さい。


お弁当のご注文方法

お電話にてご注文、インターネットからもご注文可能です。ご注文・お問合せ


お客様の声

↑ PAGE TOP